大豆まるごと飲料
まめきち

山梨県産 飲料用大豆「すずさやか」を使用

一般的な豆乳の製法は、大豆を浸漬して沸騰したものを搾り、「おから」と「豆乳」とに分かれます。
ですが、「まめきち」の"大豆まるごと製法"では、大豆を微粉砕してお湯に溶かし込んでいきますので、大豆の栄養素を余すことなく取り入れることが来ます。
特に食物繊維は豆乳の10倍も含まれ、非常に栄養価の高い飲料ができあがります。

詳しく見る
まめきち
ライスミルク

にほんの米乳

健康志向かつ日本人になじむ味。それが米乳(ライスミルク)です。
原料はお米のみ。
酵素の働きでお米を糖化させています。
お米には特Aブランドの「梨北米」を使用。
アレルギー物質の主要7品目ならびに推奨20品目は一切ふくまれておりません。

詳しく見る

甲斐の地桃・地ぶどう

搾りたての果実のおいしさを、そのまま閉じ込めました。

「甲斐の地桃」
50%白桃果汁入り。
濃縮還元ではなく、山梨産の「白桃」をそのまま搾った果汁をパックしました。

「甲斐の地ぶどう」
50%ぶどう果汁入り。
濃縮還元ではなく、山梨産の「ぶどう」をそのまま搾った果汁をパックしました。

詳しく見る
甲斐の地桃・地ぶどう
豆吉

豆吉

大豆まるごと。なのに、飲みやすい。
乳酸菌×大豆飲料「豆吉」ヨーグルト仕立て。
南アルプスの天然水「尾白川の伏流水」を使用。
青臭みのない飲料用大豆「すずさやか」を使用。
大豆の栄養を逃さない、まめ吉の「大豆まるごと製法」。

詳しく見る

大豆で作った飲むヨーグルト

4つの特徴
・山梨大学開発「山梨ワイン酵母」
・南アルプスの清流 白州「尾白川の伏流水」
・山梨県産飲料用大豆「すずさやか」使用
・白州屋まめ吉の技術「大豆まるごと製法」

詳しく見る
大豆で作った飲むヨーグルト
大塚にんじん

大塚にんじん

自然がぎゅっ!と詰まった新感覚飲料。
「のっぷい」とは、八ヶ岳が噴火をして火山灰が堆積し"のっぺらぼう"になったことが語源です。
醤油、味噌、漬物などの製造には植物成分を栄養源として生育する乳酸菌が多く関わっています。
この乳酸菌を15%大塚にんじん汁に添加して発酵させました。

詳しく見る

爽やかあまざけ

お米と米糀からつくられる甘酒を植物性乳酸菌で発酵させました。
お米由来の自然な甘味と発酵により生じた乳酸による酸味が「のど越しスッキリ」を表現します。

詳しく見る
爽やかあまざけ
大豆まるごと甘酒

大豆まるごと甘酒

山梨県産のお米と米糀を使った甘酒に、白州屋まめ吉の代表飲料であるまめ吉(大豆まるごと飲料)を加えた、甘酒の新しい飲み方です。

詳しく見る
大豆粉

大豆粉

青臭みのない大豆「すずさやか」の大豆粉。
特別なスウィーツの開発にご利用ください。

詳しく見る